イギリスの私的年金SIPPのポイントを分かりやすく解説します

こんにちは!Chiyo(ChiyoM_London)です。

 

前回イギリスの国民年金について記事を書いたのですが、今回は私的年金のSIPPについて仕組みやメリットについてまとめてみました。

 

これから加入を検討していたり、既に会社でWorkplace Pensionに入ってるけどいまいち仕組みがよく分からないという人向けに基本情報を抑えたのでぜひ参考にしてくださいね。

 

SIPPとは

SIPP(self-invested personal pension)とはイギリス政府に承認された私的年金のことで日本だと個人型確定拠出年金(ideco)に近い位置づけですね。

 

イギリスに住んでいて、ナショナルインシュランスナンバーを持っている75歳以下の人であれば誰でもSIPPに入金ができます。

 

SIPPと聞いてもどんな商品かイメージしづらいと思うので簡単に図を書いてみました。

 

Tax reliefは分かりづらいので後で説明します!

 

SIPPとはずばり

 

税金控除分を毎月の積立に上乗せして積み立てることができる投資商品です。

 

年金と呼ばれるのは55歳以降に引き出して老後の資金に使えるように設計されているからで公的年金とは仕組みが違い、将来引き出せる金額は積立額 x 運用成績によって変動します。

 

SIPPのメリットは?

 

まずは普通の株やファンドに比べてSIPPに投資するメリットを確認していきます。

 

  • 積み立て時のTax Relief
  • 55歳以上で引き出す際に25%分がTax freeになる
  • 死亡時の受取人を設定しておくことでSIPPを相続税なしで譲渡できるケースがある

 

ひとつひとつ説明していきますね。

SIPPの一番のメリット Tax Reliefとは

まずSIPPの一番のメリットと言えるTax Reliefという税金の還元について説明していきます。

 

最初に聞いた時はTax Reliefって何?どういう仕組みで積立に上乗せされるの?ととっても混乱したので税金がSIPP積立時に還元される仕組みを簡単に図を書いてみました。

 

①イギリスで会社に勤めていて*¹11,850ポンド以上を年間稼いでいる人は所得税が*²20%かかり日本と同じように給与天引きです。

*¹2019年4月より12,500ポンドに変更予定 *²Basic rate tax payerの場合

 

②SIPPに入金する時は税金が引かれた給与手取り額から資金を捻出して行うことになります。(Workplace Pensionを除く)

 

③Tax ReliefはSIPPに入金された金額に対して年間給与額を上限に所得税で引かれた税金分を上乗せしてくれる仕組みです。

 

例えばSIPPに800ポンドを入金するとBasic rate 20%で計算された200ポンドが税金軽減分として上乗せされるのでSIPPの合計積立金額は1000ポンドになります。

 

もっと高い税金を払っていたり収入がない人はどうなるの?

 

ちなみに年間46,351ポンド以上の収入がありHigher Rate(40%)の所得税を払っている人はHMRCにself-assessmentを行うとBasic RateとHigher Rateの差額の税金軽減をHMRCから直接受け取ることができます。

 

またイギリスの収入がない人でも年間2,880ポンドまでSIPPに入金可能で年間720ポンドのTax Reliefを受け取ることができるのもポイント。

 

一見税金を多く払っている人のみ恩恵を受けそうなシステムですが収入に関わらず全ての人が利用できる私的年金となっているのが特徴的です。

 

SIPPのTax Benefitsについて

55歳以降に引き出す際の税金が一部免除になる

 

SIPPは全額ではないのですが55歳以降で受け取る際に全体の25%分については税金がかかりません。

 

長く積立をしていると大きな金額になることが多いので25%分だけでも非課税になるのはお得ですね。

 

その他75%分については給与と同じように所得税がかかるので一度に引き出してしまうと所得が増えたとみなされて高い税金がかかってしまったり、運用している金額が減ることで思っていたよりもSIPPの受取額が減ってしまうこともあります。

 

老後のファイナンシャルプランを立てる時にSIPPの引き出し方はとても重要なので必要に応じてファイナンシャルアドバイザーもしくはプランナーに相談するのもひとつの方法です。

SIPPが相続税対策になる場合も

 

下記の条件に当てはまる場合SIPPを指定した受取人に税金軽減を含めて譲ることができます。

 

  • 75歳になる前にSIPP加入者が亡くなった場合
  • 2年以内に受取人が指定された場合

 

上記に当てはまらない場合は受け取る際に収入として所得税がかかります。

 

よくSIPPはISAと比較されることが多いですがISAは夫、妻(もしくはパートナー)しか相続税なしで譲渡出来ないのに対し、SIPPは受取人を柔軟に設定できます。(子供や孫に相続することも可能)

 

相続を含めて老後の資金を準備する場合はISAよりSIPPのほうが優遇されていることが多いです。

 

ISAについては他の記事でまとめているので良かったら見てくださいね。

 関連記事 

イギリスの4つのISAについて解説します

Help to Buy ISA と Lifetime ISA 貯蓄として活用するならどっち?

Workplace Pensionとは

 

SIPPを始めるのってなんだか難しそうと思った人もいるかもしれませんが、実はイギリスで会社に勤めている多くの人がWorkplace Pensionで既に加入しているはずです。

 

Workplace Pensionとはイギリス政府によって定められた企業年金制度で従業員と雇用主両方で従業員の年金の拠出をする仕組み

 

最低拠出額は下記のパーセンテージで決められています。

Employer Employee
2018 2% 3%
Since 2019 Apr 3% 5%

 

SIPPのはじめかたについては別記事で書く予定ですが、もし投資経験があまりない、でも老後のことを考えて積立を増やしたいという場合は新しい口座を開かなくてもWorkplace pensionの口座に追加の積み立てをするという選択肢もあります。

 

商品が限られている(同じものに投資しているのに運用がいまいちな場合もあるので注意)デメリットはあるものの、口座維持手数料を余分に払う必要がなく一つの口座で管理ができるというメリットがありますよ。

 

 

ちなみにWorkPlace Pensionへの追加入金の方法は勤務先に連絡して追加入金の設定をお願いするか、もし知らせたくない場合や設定ができないと言う場合でも口座のある機関で直接手続き可能なケースがほとんどです。

 

詳しい方法はworkplace Pensionで加入している機関、証券会社に確認してみてくださいね。

 

SIPPのデメリットとは

 

最後にSIPPのデメリットもまとめます。

  • 55歳まで引き出せない
  • 口座維持費がかかるところが多い
  • あくまでも投資商品なので元本割れのリスクがある

 

上記のデメリットの中で一番気をつけるべきポイントはSIPPは55歳まで引き出しができないこと。

 

55歳まで引き出せないため住宅購入や子供の教育にSIPPの資金を充てることは難しいことは年齢が若い人ほど頭に入れておきたいポイントです。

 

イギリスの私的年金SIPPのポイント まとめ

 

イギリスの公的年金は老後の費用をカバーするのに残念ながら十分とは言えないので早いうちからSIPPに資金を積立ながら節税をするのは得策と言えます。

 

しかし55歳まで引き出せない投資商品のため流動性リスクを考えると大きな出費(住宅購入など)が終わっていない人は少額の積み立てに留めておいて、徐々に積み立て額を増やす方法がいいかもしれません。

 

また投資は今までやったことがないけどWorkplace pensionでSIPPに入っているという人は四半期の運用レポートなどで自分が投資しているファンドの成績を定期的に確認することをおすすめします。

 

確認することで投資が身近になるし、ファンドの運用があまり良くないようであれば違う証券会社に切り替えるという判断も早めにできますよ。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.