イギリスの銀行口座が10分で開設できるRevoultがすごい。

こんにちは!Chiyo(ChiyoM_London)です。

 

以前イギリスの銀行口座の仕組みと開設の仕方についてという記事を書いた通り、イギリスは残念ながら住所証明や収入証明がない人にとって口座を開くのがとても難しい国です。

 

そんな状況なので、イギリスに来たばかりの人でも簡単に口座を持てる銀行がないか探してみたところRevoultという会社を発見。

 

実際使ってみたら申し込みからたったの10分で口座が持てたので、この記事で紹介したいと思います。

 

これからイギリスに来る予定、来たけれど銀行口座の開設に苦戦中という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

モバイルバンキングアプリ Revoultとは

Revoultは銀行出身のNikolay StoronskyとVladyslav Yatsenkoが立ち上げた2015年ロンドン発のモバイルバンキングアプリの会社です。

 

イギリスだけではなく、EEA (European Economic Area)に住んでいる人なら誰でも申し込むことができ、言語は英語なので現地語が分からない人でも簡単に申し込みができますよ。

 

現在日本円を含む24の通貨に対応していてなんと96万人以上のユーザーが利用しているそう。

2017年11月現在の対応通貨

USD, GBP, EUR, PLN, CHF, DKK, NOK, SEK, RON, SGD, HKD, AUD, NZD, TRY, ILS AED, CAD, HUF, INR, JPY, MAD, QAR, THB, ZAR

 

Revoultの特徴

Revoultの一番の特徴は銀行口座を開くために住所やクレジットスコアの証明が全く必要ないこと。

これイギリスに住んでるとほんとにびっくりするほど画期的です。

 

イギリス来た時の口座開設の一番の難関は住所証明ですもんね。

 

ちなみに今後ヨーロッパ間で違う国へ移動する予定のある人は住所変更はアプリのサポートチャットで簡単にできるので引き続き口座を利用できますよ。

まさにノマドのための銀行口座と言っても過言ではないかも。

 

イギリスの場合はCURRENT ACCOUNT、EUの場合はIBANコード付きの口座が発行されるので海外送金も問題なく受け取れます。

 

その他にもInterbank Rateで海外で買い物出来たり、複数の為替の口座を持てたりと旅行先でも役に立つカードなのでまた旅行でのお得な使い方については別記事で書きますね。

Revoultの開設条件

Revoultで口座を開設するために必要なのは

  • EEA (European Economic Area)に住んでいること。
  • 18歳以上であること
  • アプリを使用可能なスマートフォンを持っていること

この条件を満たせば誰でも口座を作ることができます。

申し込みに必要なのは

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 住所
  • 携帯番号
  • パスポート情報
  • 生年月日
  • 滞在先のビザ (3か月分有効なもの)

口座を開くために特別に書類を用意する必要はなさそうです。

申し込み方法

1.Revoultのホームページから携帯の番号を打つとSNSでアプリのリンクが送られてきます。

2.リンクからアプリをダウンロード。(ここからはアプリ内での作業になります。)

3.氏名、生年月日、メールアドレス、住所をアプリの案内にしたがって入力します。

ここまで本当に3分で終了、速すぎる!

 

4. 次に口座をアクティベ―ションするためにID確認の作業と10ポンド分の入金をします。

ID確認に必要なのは3つだけ。

  1. パスポートの顔写真のページ
  2. ビザもしくはレジデンスカード
  3. 顔写真

事前に写真を準備する必要はなく指示に従ってパスポート、BPR(もしくはビザ)、自分の顔を撮るだけでOKです。

 

最初の10ポンドの入金はイギリスの銀行のカードから入金する場合は手数料はかかりません。

 

そしてまだイギリスで銀行口座がないという人も大丈夫です。

手数料が10ポンドに対して10Pかかりますが他の国で発行されたクレジットカードも問題なく入金に使えますよ。

これで終了!!

提出した写真のVerificationを待つ時間はあるのですが、それも5分程でした。

Verificationが完了すればイギリスの口座番号が出来ているので入金も受け取れるし、支払いもできます。

 

実際のカードの郵送は?

口座のセットアップはここで終了なのですが、実際のカードは別途手続きが必要になります。

アプリのカードのタブを開くと下記の画面が表示されるので“Physical”を選びます。

もし、実際のカードは必要なくてオンラインの利用や送金の受け取りのみであれば“Virtual”にしておくことも可能です。

 

Cardはプレミアムアカウントだと可愛いカードがたくさんあるのですが、スタンダードだとちょっとダサい。笑

カードを選んだら次はデリバリーのオプションを選びます。

スタンダードデリバリーは10日くらいかかるのに5ポンドかかるのはちょっと残念なポイント。

実際はスタンダードデリバリーでも2日程でカードが到着しました。

プレミアムアカウントの人は送料は無料になります。

Revoultはメインバンクとして使えるか?

Revoultは会員数が既に多くFCA(Financial Conduct Authority)の承認も受けているので安心して利用できる銀行と言えます。

ちなみにRevoultは現在FSCSの85,000ポンドの預金保護の対象ではありません。しかし、私たちの預金はLloyd’sとBarclaysの口座に分けて保管されているため例えRevoultが倒産してしまったとしても預金は守られる仕組みになっています。

 

ただ全ての操作をアプリで行うことのリスクやイギリスのビザを申請する時に重要なオリジナルのBank Statement(取引明細書)を郵送するサービスはないので今のところサブの銀行として使う予定でいます。

それでもイギリスのややこしい銀行口座の開設の手間をバッサリなくしてアプリで簡単に口座が作れるなんて未来感のあるサービスですね。

これからイギリスに来る人はぜひ、上手く活用してほしいなと思います。

あわせて読みたい

モバイルバンキングのイギリス銀行口座についてモバイルバンキングのMonzo card(モンゾカード)が愛されている理由という記事でMonzoを紹介しています。

こちらはイギリスでの現金の引き出しが無制限で無料なので、イギリス国内で使う場合はRevoultより便利かもしれません。

興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here