イギリス ロンドンの天気と服装_冬(12、1、2月)

天気が変わりやすく雨も多いことで有名なイギリス。

服装選びに困る旅先ナンバーワンと言っても過言ではありません。

 

冬はいったいどれくらい寒くなりますか?

夏は短いと聞いたけどいつまで?

 

この記事では気温や天気予報だけでは分かりづらいイギリスの天気を体感の情報をプラスすることでより具体的にイメージできるようにまとめました。

イギリス滞在時の服装選びの参考にしてくださいね。

今回は冬(12、1、2月)編です。

 

12月_クリスマス気分で寒さをまぎらわす、ダウンとブーツが定番に

2018年の記録

最高気温 3度から14度/最低気温 -1度から11度

12月になると最低気温がマイナスになる日もあり、冬の寒さがいよいよ厳しくなってきます。

 

厚手のダウンコートとブーツをほぼ毎日着る生活がここから数か月始まります。

 

日の長さは12月が一番短く、朝の8時頃に日が昇ったと思ったら16時にはもう日の入り。

ついつい家で仕事をしていると外に出る機会を失ってしまうことも。

 

それでも1月、2月に比べて圧倒的に12月が暖かく感じるのはクリスマスのおかげ。

 

ラジオは朝から晩までクリスマスの曲ばかりだし(ちょっとしつこいくらい)、街を歩けばきらきらしたイルミネーションの中ショッピングをする人が溢れています。

生のクリスマスツリーが至る所で売られています

 

この時期は規模がそれほど大きくないもののクリスマスマーケットが各地で開かれたり、臨時のアイススケート場ができて外のイベントも多いですよ。

サマーセットハウスのアイススケート場、いつも大人気!

 

ロンドンではハイドパークに移動式遊園地のウィンターワンダーランドが11月中旬から1月1日までオープンしています。

 

入場は無料なのでこの時期に観光する人は遊びに行ってみてもいいかも。

1月_ただ寒くて、忍耐の一カ月、帽子とマフラーは必須

2018年の記録

最高気温 3度から12度/最低気温 0度から6度

 

クリスマスが終わり新しい年が始まったら、街はすぐに通常モードに戻ります。

 

服装はダウンコート、ブーツに加えて帽子や手袋が手放せません。

 

楽しいイベントが終わってしまって「イギリスの冬って長すぎだよね。。」と気持ちが落ち込むこともしばしば、ついだらけたくなる時期ですがおすすめの過ごし方はちょっと早起きすること

 

新年を迎えたフレッシュな気持ちで朝早く行動して出来るだけ日中に太陽を浴びて(ビタミンD摂取!)早めに寝る生活が日の短い冬のロンドンを乗り切るベストな方法だと思います。

 

季節的うつへの対策

 

ヨーロッパの冬は日本と違って夜の時間がとても長くなります。

 

特にイギリスはぐずついた天気も多く鬱々とした気持ちになることが多いんですよね。

 

この時期はビタミンDのサプリメントやSAD (Seasonal affective disorder/季節的うつ) 用のライトなどを使ってる人も多いのでもし症状が出たと思ったら試してみてもし改善しないようならGPで相談してみましょう。

NHS Seasonal affective disorder

 

ロンドンって雪降るの?

 

ちなみにロンドンは雪は降りますか?とよく聞かれるのですが実はあまり降らないんです。

 

(と書いたら2018年2月末に大雪が降りました。。通常はそんなに降らないんですけどこんな年もあります。)

 

1シーズンに数日程度、頻度は東京と同じくらいで、他のヨーロッパと比べると北に位置しているわりにはマイルドな冬が過ごせるのは良いところかな。

 

観光で来られる場合も東京の2月の服装に帽子やマフラーを追加すれば問題なく過ごせる気候ですよ。

 

最後に1月の寒さが伝わる一枚、この日は良く晴れていたのですがテムズ川に繋がる埠頭では水が見事に凍っていました。

まだまだ冬は長そうです。

2月_まだまだ冬は終わらない、中旬から春の兆しを感じる

2018年の記録

最高気温 -2度から10度/最低気温 -10度から6度

 

2月は1月とほぼ同じ気温で引き続き寒く、天気も悪いのでこの季節いったいいつまで続くの?と冬に嫌気がさしはじめます。

 

長すぎる冬に耐え切れなくなってスペインやギリシャ、ポルトガルに温かさを求めて旅する人も出てくるほど。

 

家のガス、電気代はピークを迎えるのもこの時期ですね。

 

とにかく寒くて家に籠りがちになります。

 

そんな中、2月中旬になるとお店に並びはじめる黄色のラッパ水仙(Narcissus)が少しだけ春を運んでくれます。

 

部屋に飾ってまじまじ見つめたくなる可愛さ。

 

下旬になると今度は公園でもお花が咲いてきます。

 

気温は春というには程遠いけれど、少しずつ冬の終わりが近づいていることを草花から感じとれる長い冬のちょっとした楽しみ。

 

イギリス ロンドンの天気と服装_冬(12、1、2月)のまとめ

 

暗く、寒い12月から2月。

 

住んでいれば、冬は家に籠って読書や映画三昧という過ごし方もありなのですが観光やイギリスの新生活を始めるにはあまりおすすめできない季節です。

 

もしこの時期に来る場合は12月上旬のクリスマス、年越しの花火に合わせるのもいいかもしれません。

 

ちなみに25日クリスマス当日はロンドンの公共交通機関は全く動かないので観光の際は気をつけてくださいね。

 

他の季節はこちらからどうぞ。

イギリス ロンドンの天気と服装_春(3、4、5月)

イギリス ロンドンの天気と服装_夏(6、7、8月)

イギリス ロンドンの天気と服装_秋(9、10、11月)

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.